爆乳Jカップ・松金洋子の出世作


爆乳Jカップグラドル松金洋子 (3)

平成前期のグラビアの女王は、かとうれいこ(乙酉)。中期は松金洋子(壬戌)さん。グラビアの活動期間は平成13年から平成22年の10年間。最初の雑誌グラビアデビューは山岸伸が撮影した。まだ洋子さんが音大生の時だ。下の画像で見て分かる通り、ぱんぱんに乳房が張っているタイプ。

デビューから一環して95cmのHカップを公称していたが、Hカップだとアンダーバストは67.5cm。胴囲は58cmと洋子さんの終盤は確かに、その数値ぐらいだっただろうが、デビュー時は60cm以上はあっただろう。明らかに肩が上がっており、肋骨もやんわりと見える。息を吸っている。恐らくデビュー時ではIカップはあったハズだ。