• addBeauty

女性のオナニーについて|TENGAマスターベーション世界調査報告



1月7日に「月刊TENGA 第20号/TENGA」にて『2019年マスターベーション世界調査報告』が掲載されました。


日本を含む世界9ヵ国・地域でアンケート。 各国とも統計データ数は1千ありますので、確からしいと言えるでしょう。





まずは日本の「パートナーのSEXに対する満足度(画像1番上)」では満足が41%。最下位でした。次にスポーツなどと比べた「快(こころよ)さランク(画像上)」。14位まで。他国のほとんどがSEXが1位なのに、日本は5位。1位は「美味しいものを食べる」と。SEXよりグルメです。


この結果に日本人の協力者は、AVやマンガと現実のギャップを挙げています。AVやマンガは妄想が強すぎなようです。現実を伝えるメディアも必要そうですね。昔はTVや映画が担ってました。スペイン人は満足のために話し合うそうです。





昨年の調査では、18ヵ国を対象にマスターベーション(自慰行為)の掘り下げを行っていました。


自慰に費やす時間」では興味深い結果が。全世代で女性は1回のオナニー当たりで13分ほどですが、男性は16分ほど。18~34才までの平均時間は19分なのに、54才までで15分、74才までで11分と老いると平均時間が下がっていきます!





自慰の有無」で日本女性は58%、13位。女性が「自慰をする理由」のトップ5は以下の通りです。1位と3位は同じような気がしますけどね。

  1. 自分自身で性的快楽を得るため(31%)

  2. リラックスするため/ストレス解消のため(22%)

  3. 自分の体を心地よく感じるため(12%)

  4. 眠りを助けるため(10%)

  5. 自分のパートナーと性交渉をもてないときに、性的快楽を得るため(8%)




女性の「オーガズムの達成方法」では、複数回答ですので合計が100ではありません。

  1. 自分の想像力を使う/空想する(52%)

  2. アダルト向けコンテンツを視聴する(41%)

  3. 官能的なストーリーを読む(26%)

  4. 挿入用アイテムを使用する(15%)

  5. 過去の体験を想い浮かべる(14%)


想い浮かべる際に、女性は福山雅治さんが特定1位でした。男性は壇蜜さん。アメリカ人男性の場合、ビヨンセさんとキム・カーダシアンさんとグラマラス系が上位に。




性生活の満足度」で日本は最下位。かなしい現実ですね。そりゃ、グルメに負けますわ。女性も男性もお互いの満足度の向上のためにSEXを勉強したほうが良さそうです。


#性生活

画像引用:TENGA

HIME.City