• addBeauty

CURVY ペイジ・サーベイジはIカップ&120cmヒップ



アメリカでWebモデルとして活動しているペイジ・サーベイジさん。プラスサイズのモデルと称しているが、ペイジさんはバストもヒップもある。公式HPからチェックすると、ペイジさんはバストがIカップほどで、ヒップは120cmを超えている。


ファンページでは写真以外に動画も複数公開している。


ヒップが超ボリュームなので、バストのIカップが小さく見えてしまう。それは錯覚だ。

Bustyであり、超BOOTYであるので、ペイジさんはCURVY。





インスタ歴は若く、まだ1年も経っていない。スケジュールを確認すると、2月はワシントン、ラスヴェガスとミネアポリスへ。ロスやマイアミにもモデルの仕事に赴いている。年令は不詳だが、アメリカ国内を縦横無尽に旅をしながらモデル業をやっている。この旅をしながら、というのが彼女のコンセプト。インフルエンサーでは旅をしながらは多いが、Curvyではメジャーなモデル活動の仕方とは言い難い。



座って横から見てもしっかりCurvy


あくまでも彼女はファッションを意識しており、いわゆるエロはやらない。ファッションないしアートに写真を撮る。







120cmの超ボリュームヒップであるが、あごのラインはすっきりしている。ウェストも前に出ておらず、横には無駄なぜい肉をつけていない。ボリュームあるCurvy系モデルでは、このあごとウェストの調整が非常に難しい。あごとウェストを締めるコトができれば、彼女のようにモデルとして価値が出てくる。


バストやヒップのボリュームを落とすコトなく、あごとウェストを締めるという調整は本当に難しい。下手をすれば、ハリや肌の輝きが失われてしまいかねない。実際に日本のグラドルでも、下手な減量で大事なハリと輝きを失ってしまうコトは多々ある。


ペイジさんは、あごとウェストに負担がかかるウェイトと持久力系のトレーニングをやっているのだろう。









ファッションではRockやHipHopなど、ジャンルを固定させないで幅広く、グラマラスなBodyが映えるように意識をしている。





肩まわりを鍛えると顔が小さく見え、ヒップを強調できる。



常に女性らしいカーヴを意識しているショット


ウェストは平らに

グラマラスは紐Tバックで勝負


ランジェリーやビキニでは120cmのヒップが映えるように、本当に紐のTバックや網タイツを巧く使っている。紐のTバックは身体が貧相だとみっともないが、彼女ぐらいグラマラスだと相当にCoolだ。


写真:savagelifexo

#ファッション #爆乳 #Iカップ #桃尻 #巨尻 #curvy #海外モデル #Tバック


HIME.City