リアル「峰不二子」なグラドル50人とカップ数


「アサ芸シークレット vol.54」で『AIでわかった!グラビア界の「峰不二子」なカラダBEST50』が掲載され、爆乳Iカップで括れ桃尻のCurvy 柴咲凛さんが見事1位に輝いた。

これはAIが不二子率を用いて算出。不二子の身長・バスト・ウェスト・ヒップの4つのサイズを比較。誤差の平均値を100から引くというもの。不二子のサイズは身長が167cm、バストは99.9cm、ウェストは55.5cm、ヒップは88.8cm。

不二子率で97.8%を叩き出したIカップ・凛さんは167cm(+-ゼロ)、95cm(-4.9)、57cm(+2.5)、90cm(+1.2)となった。

50人全ては誌面をお買い求め頂くとして、注目グラドルをピックアップしよう。

5位のHカップ・橘花凛さんは95.5%。Gカップの葉加瀬マイさんも同じ率。13位はIカップの青山ひかるさんで94.9%。15位はGカップの森咲智美さんで94.9%。Fカップ未満の藤原紀香さんは20位に。長澤まさみさんが36位で、Gカップの篠崎愛さんが38位。48位にIカップの夏来唯さん。49位は倉持由香さん。

こうやってみると、カップ数が疎ら。不二子のカップ数はアンダーバストがわからないので不明だが、アンダーバストがウェストより10cm以上だとJカップあたりとなる。凛さんはIカップなので1カップ違い。その分、不二子よりヒップある。

他のグラビア系のメディアが「峰不二子級」と表現するグラドルがいるが、それはくびれストと同じでフェイクだ。データ上では柴咲凛さんこそが正に「峰不二子級」。今後、本物の2次元Bodyである凛さんの活躍が増えるコトは当然として、グラビア界にも科学的な事実でフェイクニュースが減っていくだろう。いや、フェイクを謳うコトは恥ずかしいコトかもしれない。

画像引用:Amazon


HIME.City