美魔女・岩本和子の新作はフランス・パリから


このご時世にロケ地はパリ。しかも、シャンゼリゼ通りのある8区。

3月4日に秋葉原にて美魔女モデルの岩本和子(丙辰)さんが自身3作目となったDVD・BD『解放区/REAL』の発売記念イベントを行いました。40代の和子さんは「第3回国民的美魔女コンテスト」のファイナリストに選ばれ、日本エステティック協会の認定セラピストとオーストラリア政府の認定セラピストを取得。

「美ST」や「more」、「JJ」などの有力女性誌にモデルとして登場していました。そんな和子さんは記者たちの前には一見ヌードと思えてしまう、計算された衣裳で登場。その瞬間、男性全ての記者たちを黙らせました。

パリで収録した同作は、あの凱旋門から始まります。凱旋門はシャンゼリゼ通りの西側にあります。タイトルに因み、和子さんは「私をパリで開放してきました」と頬笑み、お隣のブルジョワ7区のように気品高く煌びやかに取材応対。記者たちへの感謝の姿勢も圧倒的な大人感でした。

撮影したホテルも「重厚感があって、歴史のある感じで。私をとっても燃え上がらせてくれました」とイメージを崩さないDVDの内容に自信をみせました。

美容の秘訣は姿勢だそうです。「1日8時間、お腹(腹筋)に力を入れて」と地道な忍耐と努力の賜物である点をしっとりと話しました。主なファン層は和子さんより年齢が上だそうです。年齢の上限を聞くと「70才から80才くらいまでのお兄さんだったら」と最高齢の記者が驚愕。和子さんにとってシニアもお兄さんだそうです。

既に次作と写真集の発売も決まっています。映像の方の次作のロケ地はなんと、UAE・ドゥバイ。芸術の都・パリの次は富豪が集まる都・ドゥバイ。スケールが大きいです。美魔女の冠に恥じない活動っぷりですね。

類い希な存在の和子さんは競合がいないタメ、現在は総取り状態かもしれません。

画像引用:Amazon

#スレンダー #美脚

HIME.City