求められるBusty&BootyのCurvyグラビアモデル


現在、G界は大爆乳時代だ。同時に巨桃尻時代にも入っている。

初期のBusty系グラビアアイドルは中国系アメリカ人のアグネス・ラムで、Dカップだった。昭和50年くらい。当時のAVもDカップを巨乳として扱っていた。米国サイズでDDDは日本のGカップくらい。その後、平成に変わるあたりからEカップの佐藤江梨子(辛酉)やFカップの優香(庚申)、Gカップの細川ふみえ(辛亥)、実質Hカップのかとうれいこ(乙酉)と黒田美礼(戊午)、Iカップの青木裕子(丁巳)と相澤仁美(壬戌)、100cmを超えた実質Jカップの根本はるみ(庚申)、Jカップの夏目理緒(乙丑)、実質Kカップの原田桜怜(丙寅)、最盛期は