爆乳女王の柳瀬早紀の2018年は「一段階ステップアップ。」と


平成29年12月23日に東京・秋葉原にて、爆乳100cmの女王・グラビアアイドルの“やなパイ”こと柳瀬早紀(戊辰)が『2018八年カレンダー/ハゴロモ』の発売記念握手会を開催した。胸が張り詰めたサンタ衣装で報道陣の前に登場した。「私の場合は胸が大きすぎるので、サイズがなかなかないんですよ。一か八か買ってみて、着れるかどうかは本当に着てみないと分かりません。この衣装は可愛いので本当に入って良かったです。」と日々の苦悩を零す。米国製で収まったとの事。

カレンダのコンセプトは100cmの胸囲を活かして爽やかさを重視。「皆が堂々と飾れる様なカレンダにしました。」と話した。お気に入りのショットは黒とピンクの衣装。スタイリストが早紀用に作ったもの。胸が大きく綺麗に見える為には、規正水着では困難だ。「そこを踏まえて綺麗に作ってもらいました。自分にフィットして、良いセクシさと可愛さを兼ね備えた衣装になりました。」と珍しく前髪を上げ、額を出している点も相まってお気に入りだという。

幼少期からアイドルのカレンダを自身の部屋に飾っていた。「出来上がりを見て感動しました。実際に自分がカレンダになって発売されて本当に嬉しいです。」と喜んだ。カレンダは「誰もが見れるリビングに堂々と飾ってほしいです。インパクトもあって元気が出ると思いますよ。」とコメント。

昨年を振返った。「今年のスローガンとして内面を良くしていこうって言ったんですけど、内面がまったく変わらなくて大失敗しました。そんな事を言った事すら忘れてましたので、そこは反省して来年は有言実行したいです。」と前向きだ。本年の目標については「来年すぐにDVDの発売がありまして、良いスタートが切れると思うんですよ。」と前置き、「来年は今年以上にもっと雑誌に出たりDVDを発売したりして、グラビアでもう1段階ステップアップできたら良いなと思います。」と意気込んだ。

2年連続の年頭イベントに抜擢された早紀。G界では100Iの女王として君臨している。本年は30歳のという節目。若手のライバルが続々とデビューする中、現状維持か。若しくは変革か。

画像引用:Amazon

#柳瀬早紀 #爆乳 #Iカップ

HIME.City