23名が一堂に介したから分かる、活躍したグラビアアイドル


平成29年12月26日に東京・秋葉原にて、シャバダバふじPresents『アキバMC会&忘年会』が開催された。今年で六回目。イベントは「グラビアアイドルの聖地」ことソフマップAKIBA4号店イベントスペースにて開催。満席で立ち見もいた。

二部制で行われた。第一部はグラドル イベントの裏側を語る「アキバMC会」。グラビアDVDのメーカーであるイーネットフロンティアや竹書房、グラッソ等の人気レーベルの仕掛人達が登場。グラドル イベントのMCとアイドル評論家と共に「アイドルがいないからこそできるトーク」を展開した。第二部「アキバ忘年会」になると、G界上位の人気グラドル達が次々登壇。会場は一気にヒートアップした。柳瀬早紀(戊辰)や青山ひかる(癸酉)や天木じゅん(乙亥)、和地つかさ(癸酉)、川崎あや(辛未)、松嶋えいみ(壬申)等の総勢23名がステージ上へ。

 司会は倉持由香(辛未)とMC芸人・シャバダバふじ(甲子)。当日はステージ上に一列では並び切らない程に多くのグラビアアイドルが出演。二百人近い集客力で大盛況であった。トークショーでは、「今まで貰って嬉しかったプレゼントは」「水着は何着持っているのか」といった質問や「オフ会を交通の便の良い所で開催して欲しい」といった参加者からグラビアアイドルへの要望等の話題で盛り上がった。

また、二部MCを務めた由香が観客に問い掛けた質問が印象的であった。「推しの子がDVD発売の度、露出が上がるのが良いという人、推しの子が適度な露出で一生懸命頑張ってるのが良いという人。」と挙手アンケート。会場では、後者の意見を推す観客が前者の六倍以上となった。近年、DVDリリース本数を重ねる程に露出が高くなっている。人気のあるグラビアアイドルとなると三ヶ月一度のペースでリリースする為、露出の過激度が増している。無名新人グラアイドルドルは、初リリースからかなりの露出をする事も。これは後の芸能活動に支障を来たしており、G界の課題である。

由香のアンケートで、やはりグラビアアイドルのユーザは紳士的な男性が多い事が改めて証明された。喜ばしい。グラビアアイドルはファンの支えで成長する。今回の事実確認から来年は、如何様にG界が変化するか。希望を持たれたい。

#柳瀬早紀 #倉持由香 #青山ひかる #和地つかさ #天木じゅん #巨乳 #爆乳 #巨尻

HIME.City