4kg携えて青山ひかるの膝付き腕立て伏せ


幾度も膝を付かない状態で腕立て伏せを試みた。だが一回もできなかった青山ひかるさん。肩周りや腕は華奢で鎖骨もかなり出ている。ひかるさんの乳房はIカップもあり、両方の房で4kg近く。実に1lのペットボトル4本分に相当する。

それに加えてひかるさんは桃尻。一体、何kgあるかは分からないが、大きな大臀筋とふくよかな脂肪の重さは真っ平の女子とは比較にならなない。太腿は確かにある。だが腰回りや脹脛は細い。まさしく華奢な身体に不釣り合いな乳房と臀部を携えている。通常の腕立て伏せは難しい。ハンデがあり過ぎる。

膝を付けば、大きめな臀部からの負担は下がる。なので負荷をかける為に足を空中へ曲げる。これもやると分かるのだが、膝を付き足の指10本があるかないかで、腿や股、腹への負担は変わる。後は上半身。ビキニで少しは支えていても、ひかるさんは乗り切るしかない。

映像には反動を利用して腕立て伏せをしているコトが確認できる。反動がないと上体を下げるコトができない。残念ながら深さも浅い。ただ、これから30代や40代を迎えるひかるさんらBusty女子には避けて通れない問題がある。乳房の垂れだ。できるだけ、その垂れを防ぐには腕立て伏せなどで乳房をキープする筋肉が欠かせない。

視聴は「青山ひかる(95I)の腕立て伏せ」より。

#青山ひかる #ブラジリアン水着 #爆乳 #Iカップ #桃尻

HIME.City