腹斜筋を伸ばす柳瀬早紀


括れを造る筋肉、腹斜筋。ここが凝り固まっていると括れを造るための腹斜筋ができにくい。だから腹斜筋をしっかりと伸ばす。超爆乳の柳瀬早紀が腹斜筋を伸ばす。方法は簡単だ。仰向けになって膝を曲げて脚を上げて、手を使い反対側へ倒す。できるだけ膝が床に着くように手で押していく。一気にやらずに、じわりじわりと腹斜筋が伸びていく感覚を知る。

早紀さんの乳房は大きい。脚を反対側へ向ける際に大きな双丘が地滑りを起す。日本のカップサイズではHカップ以上でないと地滑りが起きない。カップ数が上がれば上がった分だけ、大きく地滑る。このストレッチを観て分かる通り、早紀さんのウェストの厚みは薄めなのだ。ファンならば既に気付いていることだろう。

そして、このストレッチで早紀さんの身体のもう一つの魅力、太腿の美しさが露呈する。健康的で光りの反射率が高い太腿。男子が皆、細い太腿を好む訳ではない。太腿の太さは男子諸兄の傷を癒す力と比例する。ただ贅肉だけではだめだ。早紀さんのように筋肉の上に程良く贅肉がついている状態が男子を包み込む。

そう、早紀さんはG界きっての大きな乳房だけでなく、両の太腿でも男子を包み込み癒す。極めつけは表情と声。攻撃・敵意の正反対にある早紀さんの表情と声は、この女子で良かったと定義付けしてくれる笑みを放つ。えくぼが悩ましい。

視聴は「artisTV」より。

#Iカップ #柳瀬早紀 #爆乳

HIME.City