アサ芸シークレットが『芸能界「凄すぎるパーツ美女」ランキング』でUserを欺く


「アサ芸シークレット vol.62/徳間書店」で『芸能界「凄すぎるパーツ美女」ランキング』が発表しました。「爆乳」「美乳」「美尻」「くびれ」「脚線美」の計5部門に分けています。きゅうすたでは爆乳、美尻、くびれ部門を取り上げます。





「爆乳」部門は15位まで。


  1. Kカップ・ももせもも(115cm)

  2. Jカップ・桐山瑠衣(104cm)

  3. Gカップ・奈月セナ(89cm)

  4. Gカップ・RaMu(90cm)

  5. Iカップ・天木じゅん(95cm)

  6. Hカップ・ちとせよしの(100cm)

  7. Hカップ・和地つかさ(90cm)

  8. Iカップ・夏来唯(95cm)

  9. Gカップ・山本ゆう(95cm)

  10. Jカップ・工藤唯(103cm)

  11. Hカップ・葉月あや(90cm)

  12. Jカップ・渡辺さとみ(ふわみん、100cm)

  13. Jカップ・叶夢(99cm)

  14. Fカップ・愛場れいら(95cm)

  15. Jカップ・水樹たま(97cm)


きゅうすたではIカップ以上を爆乳としています。どうでしょうか、このランキングは?1位のももさんはカップ数でも胸囲でも納得ですが、ランキングの基準が意味不明で、恣意的ではないでしょうか。こんな改ざんをするからG界が衰えるのでしょう。



きゅうすた的に並べ替えるならば、次のようになります。


  1. Kカップ・ももせもも(115cm)

  2. Jカップ・工藤唯(103cm)

  3. Jカップ・水樹たま(97cm)

  4. Jカップ・桐山瑠衣(104cm)

  5. Jカップ・渡辺さとみ(ふわみん、100cm)

  6. Iカップ・夏来唯(95cm)

  7. Iカップ・天木じゅん(95cm)

  8. Jカップ・叶夢(99cm)

  9. Hカップ・葉月あや(90cm)

  10. Hカップ・和地つかさ(90cm)

  11. Hカップ・ちとせよしの(100cm)

  12. Gカップ・RaMu(90cm)

  13. Gカップ・奈月セナ(89cm)

  14. Gカップ・山本ゆう(95cm)

  15. Fカップ・愛場れいら(95cm)


容量を降順で、カップ数は次いで、そして胸囲でランキングしました。Jカップ・伊川愛梨さんなども入ってないのはオカシイですね。グラドルファンを軽んじているのでしょう。こういう汚いコトを、きゅうすたはしません。






次の「美尻」部門は15位まで。


  1. 朝比奈裕未

  2. 深田恭子

  3. 平嶋夏海

  4. 鈴木ふみ奈

  5. COCO

  6. まいてぃ

  7. 来栖うさこ

  8. 都だれい

  9. 池尻愛梨

  10. 爽香

  11. 神谷麻美

  12. 藤崎真帆

  13. 水木ケイト

  14. 平田梨奈

  15. 泉谷アイナ


こちらは基準が記してありました。「バックショットであっても男の視線をつかむ魅力があること」だそうです。腰囲が95cm以上でかつ巨桃尻はケイトさんしかいませんでした。「HIME.City」のランキングをみる限り、巨桃尻グラドルは人気です。15人中1人しかランクインしてないのは、徳間書店の欺瞞でしょう。


1/3とは言いませんが、一定数は巨桃尻ファンがいます。それを否定するような恣意的なランキングですね。






最後の「くびれ」部門は10位まで。()内は、胸囲または腰囲と胴囲の高低差の内で数値が大きいほう。


  1. 川崎あや(30cm)

  2. 犬童美乃梨(29cm)

  3. 華村あすか(26cm)

  4. 青山ひかる(36cm)

  5. 火将ロシエル(胸囲・腰囲ともに非公開)

  6. 彩川ひなの(30cm)

  7. 夏本あさみ(26cm)

  8. 長澤茉里奈(31cm)

  9. 橋本ひかり(33cm)

  10. 美音咲月(32cm)



何故か、サイズがわからないレイヤーを入れています。胴囲の細さだけでは、くびれではないのに。ランキングを高低差順に変えますと、


  1. Iカップ・青山ひかる(36cm)

  2. 橋本ひかり(33cm)

  3. 美音咲月(32cm)

  4. 長澤茉里奈(31cm)

  5. 川崎あや(30cm)

  6. 彩川ひなの(30cm)

  7. 犬童美乃梨(29cm)

  8. 華村あすか(26cm)

  9. 夏本あさみ(26cm)

  10. 火将ロシエル(胸囲・腰囲ともに非公開)


どうでしょうか、「くびれ女王」と謳っていたあやさんは、このランキング内でも5位です。まったく女王ではありません。この中で女王と言うならば、ひかるさんですね。ユーザーを馬鹿にしているとしか言いようがないでしょう。高低差が40cm近い九条ねぎさんなども入っていません。取材力がなさ過ぎです。





そして出版社の徳間書店は「くびれ」の意味も知らないのでしょう。


中ほどで細くせばまっていること。また、その部分。

三省堂 大辞林 第三版より。胴囲(ウェスト)でくびれと言いたい場合には、胸囲(バスト)か腰囲(ヒップ)の高低差が高いコトを言いますね。ランキングをつけたいなら、この高低差の順でしょう。徳間書店は、日本語を勉強しなおしたほうが良さそうです。


徳間書店はTUSTAYAなどを擁する「カルチュア・コンビニエンス・クラブ」の連結子会社です。「アサ芸シークレット」の読者は騙されるかもしれませんが、「HIME.City」のユーザーは悪意ある情報に騙されないようにしましょう。


#ランキング

HIME.City