熊田曜子に昭和的価値観のおばさんが人権侵害


12月31日にBusty グラビアモデルの熊田曜子(壬戌)さんが、インスタで写真集とDVDの発売告知を行った。曜子さんは3児の母。きゅうすたで幾度も取材をしたコトがある。


インスタ内では好意的なコメントが並んでいるが、ヤフーに掲載された記事『熊田曜子 来年発売の写真集を“チラ見せ” ファン絶賛「女性から見ても…」/スポニチアネックス』のコメント欄には人権を侵害するユーザーが多発した。この現象は『熊田曜子、新写真集の秘蔵カット披露も大不評「ママなのに不潔」「子どもいるんだから…」/日刊サイゾー』でも報じられた。




幾つかコメントを挙げよう。

「この歳で子供もいるのにこういう仕事をするって、お金に困ってるの?」

曜子さんはグラビアモデルなので、当然にこういう仕事をする。相手の職業をわかりましょう。



「子供が、かわいそう。」「 自分の母ちゃんがこんなことやってたって知ったらやだなー 」

このコメントを読んだ子どもの方が可愛そうだ。職業に貴賎があるものと勘違いさせるおそれがある。憲法には職業選択の自由が規定されている。違憲的なコメント。 憲法を重んじましょう。



「この人の旦那は気が気じゃないだろうな。」

取材時に曜子さんは夫であるパートナーに仕事の確認を行っている。夫は曜子さんの仕事を尊重している。他人の家庭に口を割るのは止めましょう。



以下のコメントは公開現在で削除されているが、日刊サイゾーより。

「不潔な母という感じしかしない」「母親なんだから、少し控えたら?」「ママなのに不潔」「子どもいるんだから胸見せんのやめなよ。絶対にいじめのネタにされんじゃん」

⇒不潔の意味は「衛生的でないこと。よごれていて、きたないこと。また、そのさま。」と「みだらでけがらわしいこと。また、そのさま。」とデジタル大辞泉にある。


例えば、Aカップの母が画像のような写真をインスタに上げても、同じだろうか?女性はシーツに包まれていたら淫らで汚らわしいのだろうか。答えはNo。刑法には「わいせつ物頒布等の罪」がある。この罪に問われれば、わいせつであると言える。これを判断するのは、1ユーザーではなく、裁判所だ。警察でもない。そして曜子さんの投稿は罪に問われるレベルではない。


胸の谷間が見える程度では、罪に問われない。もし、そうならば海外のセレブたちの胸開きドレスは全てわいせつ、というコトになる。母のモデルでも、オペラ歌手でも胸の谷間が見える衣装は着る。


胸が大きいだけで、非難するおばさんが異常なのだ。おばさんと称したのは、曜子さんの同世代や下の世代はおそらく、こういった昭和的な価値観はないからだ。人の価値感は多様であり、ファッションはおろか身体的な差異で差別をしてはいけないコトを知っている。


事実、Busty系の女子は自由にファッションを楽しめない。押しつけがましいおばさんがいるタメだ。


「子どもがいたら、胸を見せてはいけない」ならオペラ歌手はみな胸を隠さなければならない。オペラは西洋の文化だ。グラビアも「Gravure Idol」という英語がある以上、日本の文化である。何よりもちゃんとした職業だ。時代錯誤、価値観の押しつけも甚だしい。





このように、Busty系女子には令和になった今でも平気で人権侵害をしてくるおばさんが多数いる。昭和的なパワハラやセクハラをするおじさんが減っているように、こういった昭和的な人権侵害をするおばさんたちを許してはならない。きゅうすたは闘う覚悟でサイトを運営している。


それはTバックについても同じだ。いつまでTバックを卑猥扱いしているのだろうか。そもそもインスタには卑猥な写真や動画は投稿できない。閲覧できるものは、少なくともインスタ(グローバル)基準で卑猥ではない。それよりもAmazonやFANZA(DMM)でアダルト指定となっているグラビアDVDを非難した方が良いだろう。


日本のおじさんとおばさんの基準は、世界的に異常だ。



どのようなママであっても良いし、罪に問われない限り、自由にファッションを楽しむ権利が女性にはある。その権利を侵害するような、おじさん・おばさんの発言には断固ブロックするか、反論した方が良いだろう。


人権を重んじる時代に、人権を侵害するな!と。



追記:胸の谷間が見える服は、子どもの教育に悪いとのたまうおばさんがいる。ブラジャーという構造上、大きければ嫌でも胸の谷間ができる。洋服である以上、胸が大きい女性は嫌でも強調される。胸が小さければ、胸が開いた服を着て良いのか?何と差別的なんだ。せめて和服の文化に戻してから、言うべきであろう。


そして、胸の谷間が教育に悪い、という根拠はない。教育に悪いのは、人権侵害を平気で正当化する方だ。そして、その結果が今の日本社会である。今の、未来の日本社会を良い、良くなると若者たちは感じていない(内閣府調査)。おじさん・おばさんの教育方針は失敗していたのだ。失敗したんだから、黙って欲しい。


令和の時代は、失敗したおじさん・おばさんの価値感を否定しよう。こっちまで失敗してしまう。そして曜子さんのように、自分たちで新たな価値を創っていこう。基準に困ったら、インスタかYouTubeで判断してみよう。



#熊田曜子 #巨乳

HIME.City