撮影会で売上増.1「仕組みづくり」



仕組みを知れば、売り上げ増!

その撮影会の肝(キモ)はポージング。わかりきっているコトではあるが、このポージング次第で売り上げが上がっていくコトを知らないグラドルが多い。



決して衣装の小ささが重要ではない

先に言えば、衣装の小ささや過激さで勝負してしまうと、ジリ貧となる。なぜなら性器で売ってしまっているからだ。いくら好きなグラドルでもファインダー越しに同じ性器を見ていると飽きるモノ。だから衣装の小ささで勝負するのはやめた方が良い。



性器を撮りたいお客さんは、ポージングを撮りに来てない。そういったお客さんは避けた方が良いだろう。狙うは、ポージングを撮りたいArtな発想をしているお客さんだ。




では、どんなポージングが良いかにふれる前に、売り上げを上げる仕組みから。こちらが土台となる。


  1. 薄利多売(はくりたばい) ×

  2. 厚利少売(こうりしょうばい) ◎



一つ目の薄利多売のタイプはジリ貧になる。切り売りといっても良いだろう。撮影会に入れるだけ入って、値段を安くしてでも枠を埋めようとする。グラドルはブランド商売なので、