グラドル&女優・徳江かな(20)がナース研修生に|6th DVD『初恋のはじめかた/イーネット・フロンティア』



9月21日に秋葉原にてグラビアアイドルで女優の徳江かな(戊寅)さんが6作目となったDVD『初恋のはじめかた/イーネット・フロンティア』のイベントで囲み取材を行いました。


ロケ地はバリ島。今回のかなさんはナースを目指している女子役。教官の男性との恋模様が描かれています。作中では人生で初めてアカ擦りに挑戦しました。













王道な美系のグラドル、かなさんはまだ20才。美系の要素の一つである高い鷲鼻と切れ長の目、そして中低音が響く声色。髪の毛も当然、若く健康的でしなやかだ。オリエンタルな美系だろう。





外見だけに止まらず、内面も20才とは思えない安定感を抱かせる囲み取材のインタビューだ。上ずったような雰囲気はなく、最近の子にありがちな気抜けもない。グラビアアイドルというよりは、グラビアモデルのほうが適切ではないだろうか。逸材であるコトには違いない。


きゅうすたとしては、もう一つ推したい箇所がある。かなさんの福耳だ。取材時には髪が耳にかかっており、見えにくいが、時折、左耳の福耳が視認できるだろう。ぽってりとして薄くない。愛らしい丸い形の福耳だ。


その他の顔のパーツが鋭利なだけに、この丸く厚い福耳が垣間見えるだけで女性としての安心感を与える。





思った以上に盛り上がっている頬の筋肉も、かなさんが少し笑う度に頬が隆起し、表情を豊かにしている。


でも、インタビュー中の仕草の中には少女を連想させる動きも多数。バランス良く抜け感がある。かなさん自体もとファンとの距離の近さを重要視している模様。バスケで鍛えたメンタルとフィジカルも踏まえて、民放でも活躍できそうなグラビアモデルだ。













HIME.City