グラドルがアマチュアな個撮から脱する方法


主体となる秋葉原から出世して、TVへの出演人数が激減している。


4年前まではドロリッチなど、大企業がグラドルを広告イメージとして起用していた(例:柳瀬早紀は森永乳業で今野杏南はキリン、大企業がGモデル採用)。「きゅうすたYT」で推していたグラドルが何人も出世していった。



危険水域になってしまった大きな原因は3つある。


  1. DVDのAV化

  2. 雑誌掲載の優先

  3. グラドルの個撮モデル(素人)化


これ以外にもたくさんの要素があるが、細かいので今回は省く。





まず1番目の「DVDのAV化」

 基準はYouTubeだ。Amazonは基準がやや緩い。YouTubeで流せない(動画を削除されてしまう)ような作品を出し続けている。全メーカーの全作品ではないが、特に多い疑似フェラや疑似SEXが厳しい。これではAV嬢となんら変わらない。


AV嬢はTVに出れないワケではない。今のグラドルはAV嬢より影響力がないタメ、中途半端。「AV未満」シリーズとレベルが同じ。編集も同じようなパターンが多く、作品と言えるのかどうかさえ怪しいモノもある。